最近の記事

テーマ

  • 美容皮膚科・美容外科はこちら 自費診療・予約制
  • 皮膚科・アレルギー科日帰り手術・保険診療はこちら

カレンダー

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

医療不信(患者VS医師)の原因2

2021-06-10 10:47:16

「福島県立大野病院産科医逮捕事件」の詳細は検索をしていただくとして

以後、「患者のためにベストを尽くしているのに訴えられてはたまらん」と

という考えになり、萎縮医療(守りの医療)に徹することになります。

それは結局はブーメランとなって患者に戻ってきて、患者の不利益になります。

現にハイリスクな産科を希望する医学生は激減したり、分娩を引き受ける施設や

産科医が減少し、もともと医師不足の地方では出産難民が増える事になりました。

 

訴訟社会の米国では「救急車の後を弁護士が追っかける」と言う諺があるように

日本でも産科に限らず医療界全体が守りに入ってしまします。

大学病院のような大規模な総合病院では「来るものは拒まず(拒めない)」ですが

中小個人病院や診療所ではハイリスクな患者を受け入れらず、いわゆる救急車の車中で

「たらい回し」となります。

 

当院もそうですが、個人の診療所では守ってくれる組織は無く、自分で自分の身を

守らなければならないのです。となると、当然・・・・

「面倒な患者」「クレーマー気質の患者」「ガラの悪い水商売やチンピラ」等は

関わりたくないので、本来は自身で十分治療できるのに総合病院に紹介します。

医師も普通の感情を持った人間です。患者が病院を選ぶ権利があるように

医師だって患者を選ぶ権利があっても良いと思いませんか?

(そういうと共産系人権派団体が医師法違反だとギャーギャー騒ぎたてます)

上記のような人達は自分が嫌われている自覚はないのでしょうか?

余談ですが、粋がってtatto入れている人に(私とは別世界の人間で関わりたくないですね)

ひろゆき氏の↓を捧げます。

【ひろゆき】今すぐ消した方がいいです。日本でタトゥーや刺青を入れることのデメリットについて語る【切り抜き/論破】 – YouTube

 

港区 虎ノ門・六本木・赤坂・溜池山王の

皮膚科・形成外科(保険診療)・日帰り手術

眼瞼下垂・目頭切開・鼻整形・アンチエイジング・フェイスリフト

顔面の美容整形プロフェッショナル

神谷町皮フ科形成外科

 

 

 

 

 

 

 

  • 皮膚科・アレルギー科日帰り手術・保険診療はこちら
  • 美容皮膚科・美容外科はこちら 自費診療・予約制

神谷町皮フ科形成外科

お電話でのご予約・お問い合せはコチラ

TEL.03-6435-6801

診療時間 午前9:30~13:00 午後14:30~18:30
診 察 日 月~金(土曜日・日曜日・祝日休診)
土日祝は手術専用日のため電話はお受けできませんのでご了承ください。

メールでのお問い合せは美容外科
自費診療に限らせていただきます

カウンセリング予約