キャBA倉に入りびたりのエロオヤジ達へ

2021-07-01 02:20:40

院長尾山は酒が飲めない体質なので、キャBA倉など水〇売の店に

行った事がありませんし、全くもって興味ありません。

 

コロナ禍の店舗支援金で、まともに納税していない水〇売の店舗に支援金支給するのは

いかがなものか?とネットで騒がれていましたね。緑のタヌキ女は「夜の接待の店」など

婉曲な表現をしていますが、歯がゆいですよね。はっきりと「水〇売」って言えよ。

 

そもそも支援金の不正受給云々と妬む前に、経済的視点から考えて見ましょう。

商売(商品)は需要と供給で成り立つのです。

例えば、鼻の下伸ばしたエロオヤジがキャB倉や石鹸ランドで5万円を支払った(貢いだ)と仮定しよう。

 

その推定取り分だが、

2万円:キャB嬢の給与

1万円:家賃光熱費・半グレ黒服の人件費

2万円:経営者である反社会的勢力

 

って感じでしょうか?つまり客として行くと反社会的勢力に加担してしまう事になる。

なので水〇商売に興味がない事もさることながら、正義感に燃える私は絶対に行かないのである。

エロオヤジ達はそのような事を考えたことあるのだろうか?

 

また、さらにキャB嬢は稼いだ金でホ〇トクラブで豪遊する。

エロオヤジ→キャB嬢→ホ〇ト

エロオヤジ→キャB嬢→反社

と金は巡るのである。

 

エロオヤジよ、あなたは間接的に同性のホ〇トや反社に貢いでいるんですよ!

 

支援金不正受給(勿論これは犯罪だが)を妬む前に反社や水〇売の店を潰すのは簡単。

客として行かなければ良いだけ。需要が無ければ供給元も潰れる。極めてあたり前の経済理論。

 

エロオヤジは酔っぱらって、ぼったくられて、ウマシカだねぇ。

エロオヤジがチヤホヤするからキャB嬢が付けあがり態度悪いのかねぇ(昨日6/30ブログ参)

奥さんと家飲みすればいいじゃん。愛妻家の方が女子社員から好感度高いそうですよ!

 

 

港区 虎ノ門・六本木・赤坂・溜池山王の

皮膚科・形成外科(保険診療)・日帰り手術

眼瞼下垂・目頭切開・鼻整形・アンチエイジング・フェイスリフト

顔面の美容整形プロフェッショナル

神谷町皮フ科形成外科

 

 

 

 

 

 

 

/

  • 皮膚科・アレルギー科日帰り手術・保険診療はこちら
  • 美容皮膚科・美容外科はこちら 自費診療・予約制

神谷町皮フ科形成外科

お電話でのご予約・お問い合せはコチラ

TEL.03-6435-6801

診療時間 午前9:30~13:00 午後14:30~18:30
診 察 日 月~金(土曜日・日曜日・祝日休診)
土日祝は手術専用日のため電話はお受けできませんのでご了承ください。

メールでのお問い合せは美容外科
自費診療に限らせていただきます

カウンセリング予約