診療内容
一般診療を中心に美容診療を行っています。[各種保険取扱][ローン取扱]
美容診療
その他
  • プラセンタ注射

脂肪吸引・メディカルダイエット診療メニューへ戻る

リバウンドを繰り返して毎回ダイエットを失敗してしまう、部
分的にお腹や脚、腕を痩せたい方、理想のボディを手に入れた
い方にオススメです。

美しいボディラインを求めるのは全女性の永遠のテーマです。
通販でのサプリメント、ホコリをかぶって粗大ごみ化している運動器具など苦い経験をお持ちの女性も多いと思います。 ここでは科学的根拠に基づいたダイエットを分かり易く解説いたします。 まず、全身の脂肪細胞の数は成長とともに増加し成人になると一定になり増えることはありません。 従って、成長期の方は脂肪吸引の適応にはなりません。少なくとも高校卒業までは待つべきです。 脂肪細胞の数は、ある程度遺伝しますし、幼小児期の食生活により決定されるものです。 両親が太っていると、子供も太っていることが多いのは、そのためです。 子供は両親と同じ食事をするわけですから。 成人以降も太ったり、痩せたりするのは、脂肪細胞の数の増減ではなく、脂肪細胞の大きさが変化することなのです。

脂肪には
1)内臓脂肪

2)皮下脂肪
に分かれます。
それぞれ説明していきましょう。

内臓脂肪

内臓脂肪はその名のとおり腹腔内にあり胃腸・肝臓周囲をとりまく脂肪です。
従って腕・脚には存在しません。この脂肪はいわゆる、メタボリック症候群・成人病と関係します。脂肪吸引ではとることができません。内臓脂肪の数を減らすのは不可能です。
男性の肥満は殆ど内臓脂肪ですので、男性の脂肪吸引は意味がありません。当院でも男性の脂肪吸引はお断りしています。 では、内臓脂肪を減らすのにはどうしたら良いのでしょうか?考え方は極めてシンプルです。
in (食物摂取)とout (運動などによるカロリー消費)のバランスです。
即ち、inがoutより多ければ太る(脂肪細胞が大きくなる)し、inがoutより少なければ痩せます(脂肪細胞が小さくなります)。 つまり食物摂取を少なくするか、運動をすればよいわけです。スポーツ選手はかなりの食物摂取をしますが、それ以上に運動をするわけですから太らないわけです。
逆に言えば、凄まじい運動量に対し、かなり食物摂取しなければ栄養失調で倒れてしまいます。
しかし、われわれ一般人が運動のみでoutを増やすのはなかなか大変です。
スポーツジムのランニングマシンで、20~30分もゼイゼイ言いながら走っても、モニターの消費カロリー表示にアンパン一個分、ケーキ一個分などと表示されガックリした経験を持った方も多いと思います。

これを見てしまうとスイーツを食べるのが怖くなってしまいます。つまり、運動のみで消費カロリーを増やすのはかなり辛く、効率が悪いのです。
食物摂取カロリーを減らす方が、効率が良く楽なのです。
しかし、女性にとって甘い物は別腹ですし、強い意志が必要です。意志の弱い方の強い味方として、サノレックス内服薬という強い味方があります。
この薬を内服すると食べたいという欲求が確実に抑えられます。
ただし、わずかながら副作用もあるので連続3ヶ月が限度で、しばらく休薬期間が必要となります。 詳しくはご相談下さい。また、副作用のない即効性のあるスリーエフ舌下スプレーもあり、サノレックスとうまく組み合わせることにより効果が高まります。

ページトップ

皮下脂肪

皮下脂肪

皮下脂肪もその名の通り、皮膚の下と筋肉(筋膜)の間に存在する脂肪です。
従って体のあらゆる部位に存在します。皮下脂肪は女性らしいふくよかな丸みを形成するものです。 適度な皮下脂肪は色気がありますが、女性としては上腕(二の腕)の振袖、下着からハミ出るボンレスハム状態、ピチピチになってしまうGパンやブーツなど気になるものです。

皮下脂肪は1)のように摂取カロリーを減らすことにより小さくなりますが、効率が悪く、リバウンドもあります。
そこで美容外科の出番です。脂肪吸引は脂肪細胞数を物理的に約1/3までに減らしてしまうので、リバウンドがありえないのです。

これに勝るものはありません。手術に抵抗のある方にはメソセラピー(脂肪溶解注射)もあり、脂肪細胞自体を溶かしてしまって、脂肪細胞を減らすのです。 脂肪吸引は物理的に減らし、メソセラピーは化学的に減らすと考えれば良いでしょう。 ただし残念ながら、脂肪吸引の効果100に対し、メソセラピーは30~50程度にしかなりません。 また、最近流行りの超音波よる脂肪溶解に至っては殆ど期待できません。

では、脂肪吸引を説明いたします。全身麻酔または静脈麻酔での無痛下で行います。

まず、ウエットと呼ばれる生理食塩水と局所麻酔薬を混ぜた溶液をまんべんなく吸引部位に撒布し、同時に体表面から超音波をかけていき、脂肪細胞を軟らかくして、吸引しやすくします。
下着に隠れる目立たない部分を数か所5mm切開し、直径3mm、長さ15~25㎝程度のカニューレ(吸引棒)をそこから挿入し、放射状にまんべんなく吸引します。 脂肪層は深層・中層・浅層と三層に分かれ、深層と中層をまんべんなく吸引します。浅層は残しておくのがポイントです。5mmの切開線を縫合して終了です。
ダウンタイム(内出血・腫れ)は約2週間です。この間は人前にさらすことはできません。しかし、頬部を除き服で隠れる部分ですので心配無用です。
ただし、下肢の脂肪吸引の場合、立ち仕事の人は術後3日ほど休みをとった方が無難です。
術後、筋肉痛様の痛みが数日続きますが、痛み止めの内服薬で我慢できる範囲です。

脂肪吸引は他院で死亡事故があったりして、危険というイメージがつきまといますが、その殆どは麻酔事故またはカニューレの乱暴な操作により腹腔を貫いてしまったことによります。

麻酔設備の整った施設で、カニューレの慎重かつ丁寧な操作を心がければ極めて安全です。

また、脂肪吸引後、「たるんでしまった」「デコボコになってしまった」という訴えを聞きますが、加齢などによる皮膚のタルミなのか? 皮下脂肪によるものなのか?を的確に診断すれば良い事ですし、上述のように浅層を残せばデコボコになることはないのです。浅層までやみくもに吸引してしまうことによってデコボコになります。

大手チェーン店の誇大広告によって脂肪吸引をお手軽に考えすぎるのも困りものですが、不必要に不安がるのも損だと思います。 当院の様に全身麻酔施設の整ったクリニックで、丁寧に無理せず吸引するならば、脂肪吸引はリバウンドがなく、確実性があり極めて優れた痩身法です。

ページトップ

症例写真

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 施術前 施術後

    内股がくっついてしまうとの事で、後面側から内側のみの脂肪吸引をしました。
    ポイントでの脂肪吸引ですが、内股がスッキリしたのがわかります。
  • 施術前 施術後
  • 施術前 施術後
  • 施術前 施術後
  • 施術前 施術後
  • 施術前 施術後
  • 施術前 施術後

ページトップ

頬部 150,000円(税込165,000円)
下顎部 150,000円(税込165,000円)
頬部+下顎部 250,000円(税込275,000円)
上腕部 200,000円(税込220,000円)
上腕部+ワキ周囲 250,000円(税込275,000円)
上腹部・下腹部・ウエスト部 各200,000円(税込220,000円)
腹部全体 400,000円(税込440,000円)
臀部 200,000円(税込220,000円)
大腿ポイント一か所 200,000円(税込220,000円)
大腿後面・前面 各400,000円(税込440,000円)
大腿全周 700,000円(税込770,000円)
下腿 200,000円(税込220,000円)
サノレックス内服 1日1錠 600円(税込660円)
(10錠単位の処方となります)

その他の料金

診療時間のお知らせ
休診日
             

休診日(土・日・祝日)

診療時間
午前-9:30~13:00
午後-14:30~18:30
手術専用日 土曜日・日曜日・祝日

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-6
第二大石ビル3F

・日比谷線神谷町駅4b出口 徒歩30秒
・南北線六本木一丁目駅 泉ガーデンギャラリー経由徒歩6分、
・銀座線虎ノ門駅 2番出口 徒歩7分

・虎の門ヒルズより 徒歩5分